1分間動画で見るDIYレシピ One minute DIY

SPICE RACK

スパイスラック

基本の道工具使いや補強構造を習得するのにピッタリな「スパイスラック」をDIY!

多肉植物のポットを並べたり、小さな雑貨を集めたり、お部屋のアクセントにも使えるコンパクトで使いやすいマルチラックです。
インパクトドライバを使用し、ビスの頭を隠すダボ加工など、DIYの基本的なテクニックで仕上げます。

スパイスラック

【材料】

・1×4SPF材 6F 1枚
・先割れビス 3.3×35mm 12本
・丸棒 8Φ×300mm 1本

【道具】

鉛筆 / 差し金 / 電動ドライバー / ドライバービット♯2 / サンドペーパー♯240 / 木工用ボンド / ダボ錐 8Φ / ダボ用ノコギリ / カナヅチ

【木取り図】

1×4のSPF材6F から300mmを5枚を切り出します。

【組み立て図】

側面板2枚、棚板3枚を使用します。ズレないように印を付け、棚板が平行になるように組み立てます。

STEP.1

墨付け
1×4のSPF材6Fを300mmにカットしたものを5枚用意し、側面板として2枚、棚板として3枚使用します。側面板のビスを打つ箇所に鉛筆で印を付けます。接合部分の目印も付けておくと作業がしやすくなります。

STEP.2

ダボ穴開け
電動ドライバーの先にダボ錐を付け、ビスを打つ箇所に下穴を開けます。ダボ穴の深さは丸棒を固定できる程度にし、貫通しないように注意します。

STEP.3

ビス打ち
電動ドライバーの先をドライバービットに付け替え、下穴を開けた12箇所にビスを打ちます。

STEP.4

丸棒打ち 1
穴に木工用ボンドを米粒大程度入れ、丸棒を打ち込みます。打撃音が変わったら、打ち込み完了の目安です。棒が穴に入りにくい場合は、棒の先をペンチでつまみ、太さを調整します。あまり強く打ち込みすぎないように注意しましょう。

STEP.5

丸棒打ち 2
ダボ用ノコギリの刃を天板に水平に押さえつけるように置き、刃の先端を使ってカットします。

STEP.6

サンディング
表面をヤスリがけして滑らかにすると、
更にきれいに仕上がります。

COMPLETE!

OTHER MENUその他のメニュー

TAG CLOUD

ページTOPへ