1分間動画で見るDIYレシピ One minute DIY

OUTDOOR CHAIR

アウトドアチェア

使わないときは座面を背面の裏側に組み込んでコンパクトに畳むことができ、収納にも持ち運びにも便利なチェアです。

アウトドアチェア

【材料】

・1×2 SPF材6F 3本
・先割れビス3.3×40mm 28本
・厚手の帆布(伸び縮みしにくい布)約480mm×410mm

【道具】

鉛筆 / 差し金 / 電動ドライバー / ドライバービット♯2 / サンドペーパー♯240 / タッカー

【木取り図】

1×2SPF材1830mm3本から
①700mmを2本 ②330mmを1本
③380mmを6本 ④500mmを2本を切り出す。

【組み立て図】

STEP.1

座面の組立
④2本の上に②1本と③3本を配置し、
印を付けビスを打ちます。

STEP.2

背面の組立
①2本の印の位置の上辺に合わせて、③を3本ビス止めします。
③側の両端から①に向けて1箇所2本ずつのビスで接合します。①を縦に置いた時に、上から裏・裏・表となるように接合します。
※固定する際は平行・垂直を意識しましょう。

STEP.3

サンディング
表面をヤスリがけして滑らかにすると、更にきれいに仕上がります。
座面など体に触れる箇所は特に入念に行いましょう。

STEP.4

布の配置
布を敷いた上に背面のパーツを載せます。
この時、桟が2本付いている面を上にします。

STEP.5

タッカー打ち
帆布をタッカーで固定します。力を入れて引っ張りながら片側7箇所ずつ固定します。

STEP.6

組み立て
背面と座面を写真のように組み合わせます。
一番奥まで押し込みましょう。

COMPLETE!

OTHER MENUその他のメニュー

TAG CLOUD

戻る

ページTOPへ